機能で選びたい!どんな会計ソフトがあるの?

自社に合った機能の会計ソフトを選ぼう


会計ソフトは、会社や事業所の業種や規模、経理に対する知識などによって最適なソフトは異なります。
事業を始めたばかりの個人事業主がネットワークなどを使ったオーバースペックなソフトは必要ではなく、スタッフを数十人抱えている企業がエクセルなどの古いタイプでは、合理的ではありません。
そんな時には、自身の会社や事業所に相応しい会計ソフトを導入するのが最適ですが、一度導入していまうと別なソフトへの移行も困難なので、最初に導入する時にしっかりと見極めることが重要です。
会計ソフトには、インストール型とクラウド型、エクセル型の3つが代表的と言われていて、中でもインストール型は、大型電化量販店などでパッケージで市販されています。


無料体験を利用して最適な会計ソフトを選ぼう


会計ソフトは、優れた機能や豊富な機能がついているけどかかる費用が高かったりなどと、すべての条件を兼ね備えているものは存在しません。
それぞれの会社や事業所の預金取引量や経験、予算に合ったものを選ぶことが大切です。
ほとんどの会計ソフトには、無料体験版を用意しているので、日々のメイン業務となる伝票入力や金融機関などへの一括自動仕分など、自身が必要とする機能を試してみるのが良いでしょう。
経理業務については、ほとんどが伝票入力となるため、この入力作業が簡単にできるか、操作方法などに困った時に電話もしくはチャットで対応しているかなどもチェックポイントです。
個人事業主の場合には、会計ソフト名に青色申告や確定申告などのキーワードが入っているものを選びましょう。