どこに注意する?会計ソフトを選ぶには

会計ソフトによる違いってそんなにあるの?


会計ソフトには、非常に多くの種類があります。会計ソフトを使う一番の目的は、日々の取引を仕訳に起こして総勘定元帳を作成し、決算書を作成することです。どのような会計ソフトを使用しても、仕訳を入力し、その仕訳を集計して一年間の金額を計算することはできます。ただし、会社がお客さんに対して発行する請求書の金額と直接的に連動して売上高を計上したり、固定資産台帳と連動して仕訳から固定資産台帳の登録を行ったりするということは、できるものとできないものがあります。売上の計上が複雑な会社や、固定資産の購入、売却が頻繁にある会社などは、多少コストが掛かっても販売管理システムや固定資産管理システムと一緒に導入を検討すると、その後の運用が楽になります。


会計ソフトの選び方とは


会計ソフトを選ぶ際には、ほかにもポイントになることがあります。それは、勤怠システムや給与計算ソフトとの連動です。給与計算はどの会社でも必ず行っています。従業員の数が多い会社だけでなく、従業員が少ない会社でも、源泉所得税の計算や社会保険料の徴収・納付といった作業は避けて通れません。また一年に一回、労働保険の計算も行わなければなりません。給与計算を間違えると従業員に迷惑をかけてしまうため、細心の注意を要しますから、このような事務作業を確実に行うには給与計算ソフトが欠かせません。そのような給与計算ソフトを使用するのであれば、そこからさらに会計ソフトに連動して仕訳を登録できるようなものを使うと良いでしょう。